数字に弱い雰囲気投資家が投資信託のベンチマークについて勉強する

投資に興味はあれど数字にはとても弱く、数学の挫折時期は中2くらいです。

そんな雰囲気ですすめるサル投資ですが、わからないなりに学びは必要ですので身近にあるものから学びを進めていきたいと思います。

約9年前、我社に確定拠出年金が導入されました。

(2回目)確か、勝間和代の本だったと思います。

アクティブ投資よりはインデックス型にしなさいというものの本を愚直に信じ、下記のファンドに掛け金1/4づつ投資してました。DCなので積立ドルコスト平均です。

ファンド名信託報酬ベンチマークファンドリターン
SMTAM日債I・L0.12NOMURA-BPI2.51
DIAM外国国債I0.27FTSE世界株式(除日本)2.85
三菱UFJ国内株式I0.21TOPIX▲8.42
DIAM外国株式0.27MSCIコクサイ4.65

日本株は悲惨ですが、ファンドリターンは、直近1年間なので、この一年でどうこう言うと可哀想です。累積は後に記載します。

ベンチマーク(基準)は、聞いたことある名前がちらほらです。本日はベンチマークの勉強です。1つ1つ見てみましょう。

NOMURAーBPI:野村・ボンド・パフォーマンス・インデックス

最初ファンドの名前かともいましたが指数のようです。

国内の債権とつくものはなんでも組み入れてまっせーという覚え方をしておきます。国債・地方債・政府保証債・金融債・事業債・円建外債・MBS(Mortgage(抵当)Backed Securities)・ABS(Asset Backed Securities)だそうです。

Securityは、負債の支払いに対する保証、担保という意味。

いくらなんでもあんまりなので、インデックス構成のルールブック貼っときます。

ところで国債のマイナス金利ってなんでしょうね?お金は将来価値より現在価値がたかいので、将来もらうお金は額面が多い。が、暗黙の了解であったはずなんですが・・・、

 

FTSE世界株式(除日本)

ロンドンの株式市場は「FTSE」ってモーサテで言ってます。なんで外国債券なのにロンドン株式市場やねん?

答え:FTSEはロンドン証券取引所が全額出資するインデックス会社だそうです。

頭文字の意味はFinancial Times Stock Exchange

TOPIX

知ってるかい?みんな耳にしたことのある日経平均株価は東証に上場されている225銘柄の株価を足して割っただけなので、株価の高いところにつられるのさ。

だもんで、ユニクロ・ソフトバンクの株価につられるのさ。

TOPIXは東証株価指数でもう少し計算が複雑なんだけどここの時価総額の大きい株はトヨタと三菱UFJなのさ。

どっちが本当の日本っぽいか何となく分かるね。

MSCIコクサイ

MSCI モルガンスタンレー・キャピタル・インターナショナル

コクサイ=オールカントリー-新興国-日本

モルガン・スタンレーならカッチョ良い外国投資銀行ってイメージで聞いたことあるね。

ちなみに全然関係ないけどニューヨークメロン銀行ってトマト銀行みたいに八百屋っぽいよね。

だんだんボケきれなくなってきたよ。

終わり(スイマセン)

本記事は、追記型とさせていただきたく思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました