【東急線】通勤定期を今買うべきかどうかを検証してみた。

4月16日から職場復帰ですが、状況が状況なので基本在宅勤務です。

今の段階で定期は買うべきなのでしょうか?

【東急線】東急線内発着ならば「いちねん定期」で3%ポイントバックできます。

ネットでケチョンケチョンでしたが、東急線のいちねん定期は6か月定期と値段が変わりません。

ちなみに、管理人の定期代はこちらです。6か月と1年では10円しか違いません。

1か月の場合3か月の場合6か月の場合1年の場合
7,530円21,470円40,670円81,330円

この東急線のいちねん定期というやつは、東急線内発着で、且つ所定のカード支払いで購入すれば3%TOKYUポイントが還元されます。カードはTOKYU CARD ClubQ JMB
もしくは東急ゴールドカードに限られます。なので、これだけの為にTOKYU CARD ClubQ JMBを作りました。

年会費が1,000円かかりますが、パスモオートチャージに設定すればチャージ金額もTOKYUポイントが1%付くのでまあ良いかというところです。

TOKYUポイントはPASMOチャージできます。

参考サイト:東急カード

定期を買うか買わないかの損益分岐:月あたりの通勤17日が目安です。

管理人の自宅⇔職場の交通費は片道199円(往復398円)です。6か月定期(および1年定期)で割ると、月あたり17.04日です。

いちねん定期のポイントバックを含めても16.5日ですので、ひと月17日以上出勤するのかが目安になります。

定期代はこちらで調べることができますので1日あたりの通勤費と割ってみてください。

週5日勤務で25日~20日

週4日勤務で20日~16日

週3日勤務で15日~12日

週3日会社に行くのかどうか?というところです。

途中からやっぱり定期を買う場合⇒都度払いと、定期の払い戻し額で比較する

復帰後1か月は間違いなく週2~3日程度の出勤予想で確定なんです。但しその後、5月以降がわからない。現場訪問もあるので定期区間内の移動がどれだけあるのかがわからない

「往来が増えたらその時定期を買えばいいのか?」という事を考えます。

ハイパー机上の論理ですが、交通費の都度払いが定期の払い戻し額以下になるかどうかです。

目指すものが何なのかというとこういう事です。

(会社からの支給)定期代6か月×2回 >(自分の支払い)都度払い+いちねん定期-定期払い戻し

それでは、最も還元率がわるい1か月分の払い戻しで見てみます。

(会社からの支給)定期代6か月×2回 >(自分の支払い)1か月都度払い+いちねん定期-定期1か月払い戻し

◎ご使用を中止される場合の払いもどし額の計算式方法(使用期間11か月)

定期旅客運賃-(6か月定期旅客運賃+3か月定期旅客運賃+1か月定期旅客運賃×2)-手数料

東急電鉄のHPより

いちねん定期:81330円-(40,670+21,470+(7,530×2))-220円=3,910円(9.8日)

机上の理屈では最初の1か月の出勤日数が9日以下で済むのが確定しているならば、日数が増えていきそうになったら定期を買えばいいかと思いますが、

払い戻し期間の日割り・月割の丸め方や実際の仕事の都合もあるのでいっちゃあなんですが画餅です。職場が変わったり退職しないと「お得だったねー」という実感がわきません。管理人は10年間勤務地変わってません。

そして、81,330円というのは額面購入なので実際はポイントバックの3%の値引きがはいります。そうするとネット価格は78,890円です

78,890円-(40,670+21,470+(7,530×2))-220円=1,690円(4.24日分)

さすがにひと月の出勤4日以下は厳しいと思うので素直に定期買います。あきらめをつけるために計算したようなものです。

せめて定期を買うならば、同一料金で最大限の区間を。

さて、あきらめずに誰でも通用するお得な定期の買い方ですが、同一料金で最大限区間に設定しましょう。なぜこの買い方に気づかなかったのか?通勤定期は通学定期ではないので職場・自宅の最寄り駅である縛りはありません。あえて会社に聞きもしませんが、勤めて10年定期券チェックなんて受けた事ありません。

どれだけ伸ばすことができるのかは先ほどのサイトで一駅づつ伸ばしてください。

管理人はそれで3駅位伸びまして、ショッピングモールが定期区間内になりました。

最後の3行だけ有益でしたね今回のブログ。

それでは。

節約的な記事
riha_hanをフォローする
ハッカとミント

コメント

タイトルとURLをコピーしました