【注意喚起】ポイントサイト経由(ポイ活)で電力会社切替をする時の注意点「検針日に注意」

電気関係

ポイントサイトから「新電力への切替」案件が一般化し、SNSで急速に盛り上がることが増えてきたので注意事項を書いておきます。
先に言っときますと「検針日に注意」です。
そもそもどういう仕組みなのか、何をどう気を付ければいいのか?
興味のある方は以下お読みください。読んでいただけると嬉しいです。

電力会社は(送電)と(小売)に分けられる

※本当は(発電)もありますが、、省略!

これまで各家庭の電気契約は、東京電力・関西電力といった各地域の電力会社としか契約できませんでした。

それが2016年4月からの小売全面自由化により各家庭でも電力会社を選べるようになりました。
この自由化により現れた電力会社は「新電力」と呼ばれています。

そして各地域の電力会社は送電事業と小売事業に切り分けられ、分社化しました。そのような区別は意識せず、東京電力、関西電力と言ってしまいますが下記の通り、会社名が異なります。

送電事業小売事業
北海道電力ネットワーク株式会社北海道電力株式会社
東北電力ネットワーク株式会社東北電力株式会社
東京電力パワーグリッド株式会社東京電力エナジーパートナー株式会社
中部電力パワーグリッド株式会社中部電力ミライズ株式会社
北陸電力送配電株式会社北陸電力株式会社
関西電力送配電株式会社関西電力株式会社
中国電力ネットワーク株式会社中国電力株式会社
四国電力送配電株式会社四国電力株式会社
九州電力送配電株式会社九州電力株式会社
沖縄電力株式会社沖縄電力株式会社

※沖縄電力だけは例外的に分社化せず、送電・小売を1社で行っています。

そしてこの話を進めるにあたって
管理人の住まいは東京電力エリアという、誠に勝手ながらの事情につき、
東京電力パワーグリッド(送電)と、
東京電力エナジーパートナー(小売)とのホームページ画像を引用しながら進めていきます。

新電力とは(小売)の事

我々が自由に会社を選べるようになったのは小売事業です。
送電事業(正しくは一般送配電事業)は引続き、各地域1社づつの独占ですが、

我々ユーザー(正しくは需要家)が送電会社と直接契約する事や
送電料金(正しくは託送料金)を支払うことはありません。送電事業者と小売事業者間で契約・支払が行われます。
なので、東京電力エナジーパートナーの請求書には「託送料金含む」という記載がちょろっとございます。

余談さておき、小売事業者はこれまたいろんな企業が参入してます。

経済産業省資源エネルギー庁HPによる登録小売電気事業者一覧

令和3年6月30日時点で727事業者います。滅茶苦茶大量にいます。

どんな企業がいるかというと、

石油元売のエネオスでんき(元JXTG)は昔からの老舗です。自前の発電所も持ってます。
ミツウロコ・楽天・ソフトバンク・KDDI等、ここら辺がポイ活で出てくる新電力かと思います。

ミツウロコの本業はガス屋さんです。発電設備もありそうなものですが、楽天・KDDI等一体どうやって売りものの電気を発電しているのか、不思議に思われる方いらっしゃると思います。こういった発電所を持たない新電力は卸電力取引所(JEPX)から調達しているようです。この卸取引所自体、電力自由化の流れからから発足してます。

電力卸取引所は基本売り余りで、「調達が安すぎて新電力を始めると儲かるー(やらんやつバ〇)♪」なんていう時代もあったみたいですが、今年の始め、寒波とLNG調達不足から卸価格が10倍に跳ね上がるという事態になりその見方は一変されちゃいました。

【JEPXって何?】「電気代が10倍以上」という冗談のような事態を整理しました。
一部の新電力においては「電気代が通常時の10倍以上」という冗談のような事態になってます。そもそもどうしてそんなことが起こっているのか、私の心がざわついているので整理します。大層当たり前の話から始めてますのでが興味のある方はご覧ください。...

「市場連動型プラン」という電力卸価格と連動する電気料金の契約は本当に値段が10倍になり、契約者が阿鼻叫喚。
新電力のホープは北海道からの入札業務を辞退してしまい
楽天でんきは一時、新規契約をストップしてました。

「燃料調整単価が跳ねたらヤダなー」と思って行く末眺めてましたが
2021年7月現在、相変わらず燃料調整費はマイナス単価で推移してますし、ポイ活新電力切替案件もまあまあ出てます。

検針日を決めてるのは(送電)の方。勝手に決められない、変えられない。

さて、何回目かの話を戻します。
毎月の電気の検針日というのはおおむね10日なら10日と、
日にちが決まって動くことがありません。
この検針日、日にちを誰が決めているかというと、小売ではありません。送電会社の方です。

東京電力パワーグリッドからの画像引用

「検針日カレンダー」や、「検針日」でググると出てくるリソースは送電会社の方です。

各社基準検針日というのが設けられ、「地区番号」に定められた検針日が固定されています。ユーザー希望で日にちを変更したり、頻度を増やしたりというのは出来ません。
9社すべてチマチマ、基準検針日のリンク張ってみようかと思いましたが、この記事から「検針日確認したい」という需要は皆無と思われ後回しです。

ポイ活:加算条件「新電力申込から30日以内の切替」に気をつけろ。

そしてこれら踏まえて何を気を付けるべきかというと、

ポイントサイトでの「加算(達成)条件:申込日から30日以内の切替」の案件です。
仕組みを理解していないと、30日以内に切替できない場合はとても多いです。期間が短すぎるのです。

何故かというと、電力会社の切替は上述の「検針日」になるからです。
管理人、過去3回切替えて、3回ともそうでした。
これだと、個人的な経験則からとしか言えず根拠に乏しいのですが
なんとなーく、探していたら裏付けとなる根拠が、送電側のHPに存在しました。

また東京電力パワーグリッドからの画面スクショ

(全文引用)

小売全面自由化の円滑実施に向けた定例検針日での供給者変更のお願い

東京電力パワーグリッドは、小売全面自由化の円滑な実施に向け、スマートメーター設置に関しましても、一般住宅等の供給者変更への対応として、メーターの検定有効期間満了にともなう取替とは別に、専用の工事力を確保し取り組んでおります。
しかしながら、東京電力パワーグリッドの対応力を超えるお申込みにより、スマートメーター設置が間に合わない状況が発生した場合には、その早期解消のため、原則定例検針日での供給者変更をお願いする可能性がございます。
つきましては、供給者変更における変更日はお客さまがお選びになるものでありますが小売全面自由化の円滑な実施に向け、特に2016年4月における供給者変更の変更日につきましては、お客さまに特定の変更日希望がない限り、極力定例検針日での供給者変更をご案内いただきますよう、よろしくお願いいたします。

意訳:「切替するなら検針日にしてくれ(こっちは忙しいんだよッ♡‼)」
根拠としてはこれで宜しいでしょうか。お客様に特定の変更日希望がない限りは「切替日=検針日」です。
そして、変更希望日を聞かれることはこれまでなかったですし、今後もなさそうです。
多分、対応できないんじゃないかと思います。

切替目安:申込日から10日以上(もっと?)経過した次回検針日

更にです。
電力会社切替の申込について、我々ユーザー(需要家)は地点番号と既存契約先のお客様番号を、新電力のお申込みページから送ればいいだけなんですが、

それを元に今度は新電力(小売)と送電会社は託送廃止契約と、託送開始契約が各々締結されるわけで
この事務手続きに掛かる日数が必要になるわけです。

やっぱり東京電力パワーグリッドからの画像引用

 

図にある、「1.需要家さまから供給契約廃止申し込み(はてなを追加したところ)」は、我々ユーザー側の実務としては顕在しません。誰がやっているかは不明です。

なんだか送電会社大変そうです。

この手続きのの目安は「10日位?」と言ってくれた新電力もありますが、
あくまで目安であり約束はしてくれません。

この事務手続中に検針日が過ぎてしまうと切替はさらに翌月(次の次)の検針日になります。
だから切替にかかる最大日数は60日(2か月分)なんです。

検針日から数日経過程度で切替の申込するなら「30日以内」でも問題かもしれませんが、
次回検針まで一週間を切ってしまうともう危ない。次の次の検針日になる。
「お申込みから30日以内の切替」案件を注意して取り掛からなければいけない理由は
単純に締め切りがタイト(検針日によっては無理ゲー)だからです。

更に注意!:スマートメーターへの変更必要ならもっと日数かかる。

さらにもっと言うと、自宅がアナログメーターなら
ポイントサイト経由で電力切替案件を取り組むのはやめておいた方がいいでしょう。

スマートメーター交換工事が発生するからです。

スマートメーターは検針データーを自動送付してくれるので、新電力切替には必須です。

メーター交換工事自体はお金もかかりませんし、交換依頼は新電力(申込先)が自動的にやってくれますが
工事発注者(メーター所有者)は送電会社です。
送電会社は自前で工事しないので、関電工等の工事会社に作業依頼します。

新電力→送電会社→工事会社(メーター交換)

3社のうち、どこかが忙しいとメーター交換中々進みません。

ポイント加算条件は「お申込みから30~180日以内の切替」かと思いますが(60日が多い)
一番多そうな加算条件である「申込から切替まで60日」でも切替できるか怪しくなってくるのです。


全くの余談ですが管理人の借家も、3年前に新電力への切替時にアナログメーターからスマートメータになりました。
「東京電力パワーグリッドです。メーター交換工事の日程が決まりましたらお知らせします。」というショートメール(SMS)を受け取った後、
全く知らない間にメーターが変わっていたことを今でも覚えています。
日程のお知らせはいつしたのかと。
無停電・室内には入らないものの、「お知らせします」とメールしただろ、知らせろよ。と、思った次第です。
つまりそれくらい忙しいのです。
日程が全く読めません。

まとめ及び、おもうこと。

東京エナジーパートナー(小売)の引用とか画像とか全く出てこなかったことからお判りになるとおり、電力会社(小売)の切替は、すべて送電会社の都合でスケジュールされるのです。
そんな説明一切ないまま某サイトのように「あと1日で終わり!!急いで」とあおるのは
いかがなもんかといったところ。
30日以内を譲れないなら、
せめて「次回検針までお日にち余裕のある方お申込みください」位書きなさいよと思った次第です。

書きたいこと書いてて、脱線が死ぬほど多い本記事ですが
一言でいうと「自宅の検針日から逆算し、無理なさそうなスケジュールで申込」すればいいだけなので
まずは検針日を覚えておきましょう。

ここまで辛抱強くお読み頂きありがとうございました。

 

(ここからご紹介)
もし、スマートメータへの交換からスタートでしたら
ポイントサイトは経由しなくても、公式HPからの申込みで実施すればよいかと思います。

管理人は一番最初の東電からの切替は、↓ここで行いました。


数か月単位で会社を切り替えていく電力乞食(古事記と言わなくてはいけないらしい)向けの会社ではありませんが、
11か月目の電気料金キャッシュバック(2021年7月現在)もあります。
電気代単価も多分‼一番安いです。

比較記事

楽天でんきは本当に安い?電力会社をマジメに比較する方法
楽天でんきは果たして本当に安いのでしょうか?「期間限定ポイントが消化できて、SPUも上がって、更に今なら切替キャンペーンもやっている」という電気代と全く関係ないところでの評価から、電気代が安いと判断するのは違和感があります。総合評価...


都市ガスも併せて契約するとセット割として月額100円位安くなります。

 


新規参入は電気程多くないのですが、ガスも小売自由化されています。
どうせやるなら電気・ガス両方共切替してしまっていいかもしれません。
最後までお読み頂きありがとうございました。

電気関係
riha_hanをフォローする
ハッカとミント

コメント

タイトルとURLをコピーしました