【電気代】東京電力・楽天でんき・エルピオでんきで比べてみたぞ

ツイッターでは「楽天でんき」やすいが賑わっていて、かたや当方、価格.comの電気料金シュミレーションででてくるのはエルピオでんきなんだよなというのが疑問でした。

そんなときは真面目に計算しましょう。

管理人これでも本職はマンション・ビルの管理会社です。年がら年中電気代の計算はしてました。

せっかくなので、どう計算すればいいか本ブログで開陳します。

電気代:基本計算式

電気代の基本は以下のとうりです。

「基本料金+従量単価(従量単価+燃料調整単価+再生エネ賦課単価)×使用量(kwh)」

このうち、燃料調整単価と、再エネ賦課単価は、どこの電力会社も単価一緒なので外します。

そうすると比較対象は

・基本料金

・従量単価

・使用量(kwh)(己の使いっぷり)

この3つになります。

基本料金について

基本料金は契約アンペアによって変わります。

契約アンペア≧同時に使う電気(電流値)」です。目安のリンクを貼っておきます。

わが家のアンペアチェック│ご契約内容の変更│東京電力エナジーパートナー
東京電力エナジーパートナー(EP)の「アンペアチェック」ページ。東京電力エナジーパートナー株式会社は、お客さまのエネルギー全体に関わる様々なご希望に真摯にお応えし、エネルギーサービスの、よきパートナーとなることを目指す、東京電力グループの小売電気事業会社です。

東電はなんだかんだで情報がしっかりしてます。

炊飯13A、エアコン(冷房)5.8A、冷蔵庫(450L)2.5Aです。

この調子だと、単身者でも20Aはきついんじゃないでしょうか。

なので、基本料金は30Aで計算します。ちなみに、我が家は40Aです。

使用量について

小学校の理科です。さくっとおさらいです。

電流(A)×電圧(V)=電力(W)

電力(W)×時間(h)=電力量Wh

単位として1,000wh=1kwh。

そして、家庭用電気ならばだいたい、電圧は100Vです。

契約アンペア30Aの場合で比べてみた

各社契約プラン

エルピオでんき:スタンダードプランライト30A

東京電力:従量電灯B(30A)

東京電力エルピオでんき楽天でんき
基本料金858円858円なし
単価 ~120kwh19.88円@21.14円@26.50円
   ~300kwh26.48円@23.03円@26.50円
   300超kwh~30.57円@25.78円@26.50円

楽天でんきはプラン1本。オトコギがあります。

さて、一体何がどう安いのか、さっぱりわかりませんねぇ。

順々に計算していきますよ。

【120kwhきっかり使った場合の電気料金】→楽天がやすい

東京電力エルピオでんき楽天でんき
基本料金858円858円なし
各々単価×120kwh2,385.6円2,536.8円3,180円
合計3,243円3,394.8円3,180円

楽天が一番やすいです。

【次に300kwhきっかり使った場合の電気料金】→エルピオが安い

東京電力エルピオでんき楽天でんき
基本料金858円858円なし
単価  ×120kwh2,385.6円2,536.8円3,180円
単価  ×300kwh4,766.4円4,145.4円4,770円
合計8,010円7,540.2円7,950円

エルピオでんきが一番安いです。

【エルピオでんきと楽天でんきが同額になる使用量】→181.9kwh

120kwhきっかり使った場合の電気料金の合計を取り出します。

東京電力エルピオでんき楽天でんき
基本料金858円858円なし
各々単価×120kwh2,385.6円2,536.8円3,180円
合計3,243円3,394.8円3,180円

120~180kwh台の単価を確認します。

エルピオ単価:@23.03円

楽天単価@26.50円

同額になる為の追加使用量をXとした場合の計算です。

3394.8+@23.03X=3,180+@26.5X  →X≒61.90

つまり、120kwh+61.90kwh=181.9kwh 以上つかうならエルピオでんきの方が安いです。

折角なので、契約アンペア40Aの場合でも比べてみた

各社プラン比較

エルピオでんき:スタンダードプランS(40A)

東京電力:従量電灯B(40A)

楽天でんき:オトコギ1本

東京電力エルピオでんき楽天でんき
基本料金1,144円1,086円なし
単価 ~120kwh19.88円@18.84円@26.50円
   ~300kwh26.48円@23.03円@26.50円
   300超kwh~30.57円@25.78円@26.50円

40Aになるとエルピオさん、いきなり単価がやすくなりました。。

【120kwhきっかり使った場合の電気料金】→楽天が安い

東京電力エルピオでんき楽天でんき
基本料金1,144円1,086円なし
単価 ~120kwh2,385.6円2,260.8円3,180円
合計3,529.6円3,346.8円3,180円

このだんかいでは、楽天が一番安いです。

【次に300kwhきっかり使った場合の電気料金】→エルピオがやすい

東京電力エルピオでんき楽天でんき
基本料金1,144円1,086円なし
単価 ~120kwh2,385.6円2,260.8円3,180円
   ~300kwh4,766.4円4,145.4円4,770円
合計8,296円7,492円7,950円

300kwhつかうならば、やっぱりエルピオでんきがやすいですね。

【エルピオでんきと楽天でんきが同額になる使用量】→168.07kwh

120kwhまでの電気料金を計算に使います。

東京電力エルピオでんき楽天でんき
基本料金1,144円1,086円なし
単価 ~120kwh2385.6円2260.8円3,180円
合計3529.6円3346.8円3,180円

条件

エルピオ単価:@23.03円

楽天単価@26.50円

同額になる使用量をXとした場合、

3346.8+@23.03X=3,180+@26.5X  →X≒48.07

つまり、120kwh+48.07kwh=168.07kwh 以上つかうならエルピオでんき

それ以下なら楽天でんきがお得という計算です。

まとめ

メモ書きを捨てるのがもったいなくてブログ記事にしました。あとでもう一度、足し算掛け算間違えてないかチェックします。

そして、実際の電気代は、ここに燃料調整費や再生可能エネルギー発電促進賦課金(長い)がつくので、実際の支払いはもっと高くなったり安くなったりします。

東電は可哀想に、常に一番高いのです。

しかし電気事業者は東電より安く提供できないと、参入する意味がありません。

こんなところで電気の契約先を見直す機会になったら良いかと思います。

というわけでリンク貼っときます。

なお本ブログの数字は、東京電力エリアですべて計算しております。関西の方スイマセン!ご要望があれば計算しますのでコメント欄にその旨ご記載ください。

節約的な記事
riha_hanをフォローする
ハッカとミント

コメント

タイトルとURLをコピーしました