あとリボ 最大7000P貰えるキャンペーンの期待値計算

ポイ活・お得・キャッシュレス
引用元:楽天株式会社2019年9月29日掲載情報法 キャンペーンコード137984

このキャンペーン、本当にお得なのでしょうか?

引用元:楽天株式会社 2019年9月29日の掲載情報 キャンペーンコード137984

合計10,000円以上の「あとからリボ払い」で、

・7000Pの当選割合・・・3%

・500Pの当選割合・・・7%

・100Pの当選割合・・・90%

人間、損には敏感なのでその落差かもしれません。果たして、このキャンペーンはお得なのでしょうか?

プロスペクト理論(の一部)

人間は、得をするより損を嫌がるものなので、

・100%の確率で50万円貰える

・50%の確率で100万円貰える

期待値を計算するといずれも50万円なのですが、この2つを選べと言われたら大体の人が100%の確率で50万円貰える方を選ぶそうです。

このプロスペ理論にハマっているかもしれません。せっかくなので期待値を計算します。

アプリdeあとからリボ払い 期待値計算

期待値とは、「(値×確率)を足したあげたもの」「確率を考慮した平均」です。

確率分布表

値(貰えるP)X7,000500100
確率3/1007/10090/100

値と確率を掛け算

値(貰えるP)X7,000500100
確率 P3/1007/10090/100
積 XP2103590

積の合計=期待値

積の合計:210+35+90=335

このキャンペーンの期待値は、335Pです。 

さて、キャンペーン狙いで10,100円分の支払いをあとリボ設定し、月々のリボ払いを10,000円とした場合ですが、リボ手数料はしめて127.5円です。

そうすると、

リボ手数料 127.5円

キャンペーン期待値 335P

お金とポイントを同価値と仮定した場合ですが、キャンペーン期待値の方がおよそ2.6倍高いゲームです。

まとめ、色々雑感

さて、ここまで計算しておいていうのもなんですが

そもそも期待値が目安になるのは「十分な試行回数」が得られる場合であり、1回きりの勝負だと期待値は目安になりません。

しかし、自分の思考が偏ってないか確認するために、簡単に計算できるなら期待値を計算するのはありだと思います。

まあ、大方参加チャンスは1回ですし、少なくとも100Pは必ずもらえるので、

今回のキャンペーンは、「27.5円払って7,000P当たるかもしれないくじ」といったほうが正しいです。

そう考えると参加しとこうかと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました