中古スマホを売買するのに覚えておきたい、SIMロックとネットワーク利用制限について(IMEI番号)

未分類

こわごわとスマホの副回線を5回線作りました。これから何用にするかは決めてませんがこれから考えます。ポイ活には複垢(電話番号)を持っていた方が利益が良かったりしますし、あわよくば携帯乞食ができるかもしれなと思ったからです。

つい今しがた覚えた知識ですが、端末の中古売買にも役立つのでSIMとネットワーク利用制限について記事にします。

「SIMロック」についての勘違い

そもそも「SIM」とは、Subscriber Identity Moduleの略なので、直訳すると「契約者情報」です。

言葉の使われ方はSIMカード、SIMロック・SIMフリー・格安SIM位でしょうか。

SIMカードは契約者情報カードなのでICカードそのままですが

SIMロックとは契約者ロック、、、ではなく通信網ロックを指します。

ドコモ・au・ソフトバンク(そのうち楽天)は自社の通信網を持っていて「大手キャリア」と言われています。大手キャリアの店舗でスマホを購入すると、自社の通信網でしか使えないようにロックがかけられています。これがSIMロックです。

これら大手キャリアはMNO(Mobile Network Operator 移動体通信業者)と呼ばれ

対して、LINEモバイルやUQモバイルのような安い通信契約を提供している業者はMVNO(Mobile Virtual Network Operator仮想移動体通信業者)は大手キャリアから通信網を借りて運営しています。なのでドコモのSIMロックがかかっていてもドコモ回線を使っているMVNOのSIMなら使えるわけです。

【管理人の今までの勘違い】

SIMロック ⇒SIMカードの抜き差しができないこと。←ちがう

SIMロックは、2015年5月からロック解除ができるようにする事が義務化されたのですが、iPhoneについてはiphone6以前のシリーズはSIMロック解除ができません。

管理人はじめてのスマホはiPhone5Sです。格安SIMが使えない機種と勘違いしてましたが、ドコモ回線を使用している格安SIMならばAPI設定してやれば使えるはずです。

SIMロック解除とは何ぞや?

例えばドコモのSIMロックなら、ドコモかドコモ回線を使った格安SIMでないと使えない端末の事ですが、ロックを外しau回線やソフトバンク回線でも使えるようにする。これがSIMロック解除です。(尚、auの場合、VoLTE対応端末だと同じauでもSIMロック解除をしないとダメとかなんとか。)

対してECサイトや量販店等で購入するスマホは最初からロックがかかってません。SIMフリー端末と呼ばれてます。

SIMロック解除とはSIMフリー化なのですが、元々のSIMフリー端末と区別され「SIMロック解除」とわざわざ経緯を説明する呼ばれ方をしてます。

SIMロック解除手続きを各キャリアの店舗で行うと手数料3,300円かかりますが、ネットからの手続きなで無料でできます。端末代を分割で購入している場合は購入日から100日後、一括で購入している場合は即日できるようです。

ネットワーク利用制限って何?

SIMロックと似て非なるものに「ネットワーク利用制限」というものがあります。

大手キャリアが販売したスマホは製造番号(IMEI番号)と端末代金の支払い情報を紐づけ公開しています。なのでIMEIという15桁の製造番号がわかれば端末代金の支払い状況がわかるのです。

docomoのサイト

auのサイト

softbankのサイト

・判定:〇(完済)

・判定:▲(端末割賦払い中)

・判定:×(BAN)←NW利用制限がかけられ端末使用不可。

・判定:‐ (製造番号未登録・うちのお客じゃない)

何のためにこんな仕組みがあるのかというと「端末の不正利用防止」の為のようです。分割払いの滞納や不正利用が判明した端末はネットワーク利用制限(×)がかけられてしまいます。代金の未払いと不正利用は別もんじゃないかと思いますが多くは重なるという事でしょうか。

一つ一つサイトのチェックするのも大変なのでまとめて確認できるサイトもあります。

ネットワーク利用チェッカー

※6大キャリアを一括チェックとの事ですが、6社もあったっけと思います。

3キャリア6社です。SBM系でまとめられているのはSoftbankとY-mobailです。KDDIはauとUQモバイル(サブau)です。但し、mineoはMVNOなので自社通信設備は持っていないのにネットワーク制限がかけられるのでしょうか・・・?この辺はネットでいくら調べても出てきません

 

余談がちらほら入りますがいったんまとめます。

【ここまでのまとめ】

SIMロック = 特定の通信網でしか使えない

ネットワーク利用制限 = ×がつくと特定の通信網ではもう使えない

です。

中古のスマホを購入・売却する上で知っておいた方がいいこと。

他のサイトでググったほうがよっぽど詳しい情報が載っているのでは?というところですがこの記事をここまで読んでいただける人の為に続きを書きます。まずはここまで読んでいただきありがとうございます。

ネットワーク利用制限が(▲分割払い中)でもSIMロックの解除は可能

端末一括払いならば即日、分割払いでも購入後100日を経過していれば、SIMロック解除は可能です。購入者(元契約者)は、契約期間中ならインターネットから可能ですが、解約後や端末を中古として購入した人等(元契約者以外の方)は店舗に行く必要があるとの事。店舗からのSIMロック解除は3,300円かかります。

※真偽はわかりませんが端末の元契約者でなくても、そのキャリア内で何かしら通信契約があればネットからSIMロック解除はできるというような情報も目にしたので(のちの裏取り実践のために記録しておきます)。なお、ソフトバンクです

ネットワーク利用制限が(▲分割払い中)でも端末の売却は可能

残金が残っているスマホを中古として売買していいのかどうか不安になります。しかし、価格に影響こそすれ、違法ではありません。単純に2者間の取引で合意の元ならいいようです。

(ー 製造番号登録なし)と(▲分割払い中)は査定が一緒という買取屋さんもあり、(〇)と(ー)の価値は人・店によりけりのようです。

(SIMフリー端末とSIMロック解除端末は別物と考えたほうがいいのかもしれません。)

ネットワーク利用制限が全キャリア(ー 製品番号登録なし)でも分割払い中のスマホはある。

例えば、ビックローブモバイルはドコモ回線とau回線を使えるMVNOですが、購入したスマホは、3大キャリアのネットワーク利用制限を調べるとすべて(- 製品番号登録なし)になります。SIMフリー端末です。しかし、端末の購入方法は分割払いしか選択肢がありません。勿論、解約時は残金を一括返済する必要がありますが、分割回数は2年分の24回払いのみです。

「じゃあ元契約者が料金滞納した場合危ないんじゃないか?」と、なんとなくそんな気になりますが、元契約者の信用情報が問題になるだけで、購入端末の使い勝手まで及びません。

但しマイネオだけはMVNOなんですがネットワーク利用制限を設けてます。キャリアも3社すべて使えます。どうやって制限をかけるのでしょうか?謎です。

ネットワーク利用制限(×)になると、SIMロック解除ができない。

ネットワーク利用制限(×)がかかってしまうと、そこからSIMロック解除はできません。たとえ残金を払っても復活もされないので通信機器としては全く使い物になりません。この状態になった端末を「赤ロム」と言うようです。

中古屋さんよっては「赤ロム保証」を謳っていたり、または元購入者の情報開示をするサービスもあるようですが、個人間売買のフリマサイトですとこういった対応はちょっと厳しい気がします。

フリマサイトは中古のスマホを出品する際、端末のIMEI番号の掲載させるので、「ネットワーク(NW)利用制限はそこで自分で調べたうえでリスク承知で購入してくださいね」といったところかと思います。

SIMロック解除後、ネットワーク利用制限(×)がかかっても他の回線は使える。

SIMロック解除後であれば、例えばソフトバンク回線が(×)になっても、ドコモ・au回線は使えるようです。ネットワーク利用制限は新品購入元のキャリアが設定するので3社通信網共通でBANされるわけではないようです。こう考えると、購入したSIMロック端末は速やかに解除することがよさそうです。

分割払い中でも元契約者が購入から100日を経過してればSIMロック解除は可能。ショップに行けば3,300円で解除してくれるので中古品を購入するときはその辺を加味したら安く手に入りそうです。

一旦おわり

勢い5回線を作ってしまったので、どうするかを調べてましたがケイタイ周りは奥深いというか闇深いです。

ちなみに、ケータイ乞食(MNP乞食)とは、ケータイショップ店舗の販促でよくある「端末0円(大幅な値引き時)」時に契約しすぐ解約。取得したスマホの売却代金と最低限かかる事務手数料や回線維持費の差分を稼ぐというものです。各社、純粋な新規契約よりも、他社の契約も減らすことのできるMNPの方が優遇傾向にあるとの事。今は昨年の総務省規制(端末値引き税抜2万円迄)によりほとんど旨味はないようです。旨味があるのは「他の新規契約の受付が終了した通信方式のサービス利用者が新たな通信方式に移行するために購入する端末などの特例」を利用したガラケー(3G)MNP位です。今時ガラケーなんて持ってないと思いますが、持ってるフリはやろうと思えばできるようです。ドコモのFOMAは4GスマホSIMを指しても端末への番号表記ができるようですしMVNOの一つである日本通信(ポンツー)は3G回線のようです。(そしてそんな仕込みを黙認してくれるショップもまだあると。)但しこういう規制は最初ザルでもだんだん取り締まりが厳しくなっていくので何とも言えません。

ケータイ乞食はさておき、ケータイ周りの情報を整理するとおトク上級者になりそうです。ポイントとも親和性が深くポイ活も一段上になりそうです。自分の頭の中を整理したいときにポツポツ記事にしていこうかと思います。

今回は中古のスマホ売買にも役立ちそうなところだけ書いときました。ご参考になれば幸いです。

余談:【管理人が5回線開通したMNVO】

↑初期事務手数料(3,300円)とSIM発行費(433円)はかかりますが、6か月間は月額400円(3ギガプラン)で済むのでお買い得です。尚解約手数料は1,100円です。

「最大16,000円相当」とはGポイントによる還元です。契約開通の翌月中にポイント付与されるとの事。(Gポイントアカウント必要ですが)又、クーポンコード入力で+3,000P還元されるようです。(クーポンの適用は音声SIMを選んだ場合のみらしいです。)下記の画面でクーポンこー【DGC】を必ず入力し、適用になっているかどうかはご確認ください。

【クーポンの入力】

でてくる。

端末はほとんどお嫁に出してしましましたが、残ったSIMカードは自分の昔のスマホに刺したりなどして色々やってみようかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

未分類
riha_hanをフォローする
ハッカとミント

コメント

タイトルとURLをコピーしました