幽遊白書の読み直しについてグダグダ言ってる話。

幽遊白書を買い直さずなんとか読み直し出来ないだろうかずっと考えていた。

大人買いはやろうと思えばできるのだが、なんとか消費をしないでどうにかなる工夫がしてみたかった。

色々ツラかった小学生時代、毎週月曜日の週刊少年ジャンプを楽しみになんとか繋いでいた。

作者は鳥になりたかったかもしれないが、私はこれで鳥にならずに済んだ。

U-NEXTはアニメ・ドラマだけでなく雑誌やマンガも読める。幽遊白書がマンガ読み放題になっていないだろうか確かめた。アニメは見放題だったがマンガは1冊1話分の試し読みはできても、読み放題はなく、1冊400円だった。

キンドルアンリミテッド対応なっていないかも確かめた。U-NEXTと同じく、1冊1話サンプル配信はしても価格は1冊401円だった。

他のマンガアプリ探そうと思ったが、途中で無謀だと思って諦めた。幽遊白書が無料配信対応になるわけがない。無料マンガ配信のビジネスモデルはユーザーには利用料金を定額徴収し、版元や著作者へ読まれたページ数の歩合で支払いをする。

なので、一気にページを読まれてしまうタイトルが落ちているわけないのだ。特に、マンガの読み直しは速読できるので配信会社にとっていいことない。

U-NEXTは、31日間の無料トライアルと実質600円分のポイントが付いてくる。なのでどれか1冊買おうかと思う。1冊1話のサンプルであたりを付ける。

そこで16巻を選んでしまう。

蔵馬は流石、クラピカの原種である。いくらなんでも「見てただけ」の樹さんに言い過ぎである。

さてと、ここまで手をつけると、仙水編だけでも読み切りたい。「黒の章」がどういう文脈ででてきたか、実はさっぱり覚えていない。

調度、旦那が娘を連れてツタヤにいくというので、マンガレンタルのお使いを頼むことにした。

13~17巻までが仙水編 魔界編はぐたついていたのでどうかと思ったが、分量的には18、19巻と追加2冊文しかないのでこちらもお願いした。

 

読後の感想として、やっぱり17巻までにしておけばよかった。

禁句が一文字1分ごとに増えていくゲーム。トイレと言わずにあえて「便所」というあたりが今読んでも面白かったです。

ちなみにこの巻。

 

Book review
riha_hanをフォローする
ハッカとミント

コメント

タイトルとURLをコピーしました