先物取引のレバレッジ落とします②レバレッジで増大するのはお金だけじゃないんです。

「その①レバレッジとはなんぞや」の続きものです。

ざっくりおさらい

レバレッジ効果とはてこの原理になぞらえた「すくない資金で大きなリターン」を得ることができるかもしれない手法です。

本来株を買うならば株価で買う必要があります。
200万円の株なら200万円 毎日の値上がり・値下がり率。数%~10数%程度です。

証拠金取引とは「とりあえず66,000円預けてくれればいいですよ」というものです。

日経平均先物指数取引をしてみます。

21,630円の買い玉を建て、2%上昇した22,062円で売ります。

差額432円。取引単位が×100倍なので利益43,200円です。

証拠金でみると66,000円が65%値上がりし、109,200円になりました。

どちらも利益はおなじ43,200円です。

これが「少ない資金で大きなリターン」と言われる所以です。資本効率が劇的に違います。

リターンだけですか?ロスもあります。

かならず儲かる方向に値動きすればいいですが、上がりもすれば下がりもします。
そうすると、真逆の効用になります。

指数目線:21630円から2%下がり21,198円になりました。

証拠金目線:66,000円が65%目減りし、22,800円になっちゃいました。

なので、イメージはぎっこんばったんのシーソーです。

なので、レバレッジ効果は「少ない資金でおおきなリスク」です。

リスク=変動幅です。

人の子としての心境や如何に?

やや細かい単位は端折りますが、

200万円の余裕資金で株に挑んだ結果、一瞬で194万に下がりました。

お小遣い6万円で挑んだ証拠金取引の結果、一瞬で2万円になりました。

一緒ですが、人間の感情が揺さぶられるのはどれだと思いますか?(つづく)

 

投資・投機
riha_hanをフォローする
ハッカとミント

コメント

タイトルとURLをコピーしました