先物取引のレバレッジ落とします③お金にまつわる感情の変化

つづきもんブログです。だんだん息切れしてきました。

前回②「レバレッジで増大するのはお金だけじゃなかった」で言いたかったのは

人間の感情も、てこの原理で振れ幅大きくなる。ということです。

そうして、プロスペクト理論どうりの行動と相成るのです。

プロスペクト理論:大事なところだけ要約

 

・人間はとにかく損をしたくないので、利益が出ているとすぐに手仕舞う

・人間は、上がった利益が下がるのを見ると、損した気分になる。

・人間はとにかく損をしたくないので、損がでると取り返すまでリスクを取り続ける。

・人間は慣れる生き物なので、損に慣れてしまい、額はあまり気にならなくなる。

サンプル:お小遣い6万円を証拠金として日経平均先物取引に挑みました。

スイマセン、桁を丸めてます。

 

日経平均、20,000円が20,400円になりました。

→6万円が10万円になった、よし、利確!!やったあ。

 

日経平均、20,000円が19,600円になりました。

→6万円が2万円なっちゃった、6万円にもどるまで我慢だ!(リスクを取り続ける)

シーソーです。戻ることもあります。それに賭けようとします。

証拠金取引の話をもう一度します。

証拠金取引とは「見せ金で買う」ことです。

6万円あれば買えたとしても、本来は200万円のものですから、10万円・20万と下がることはあるわけです。そうすると追い銭(追証)を求められます。「6万じゃ足りないからあと4万チャージして」と。

ただ、損は避けたい(ギャンブル続けたい)ので、いつか値段が戻ることを夢見て、追い銭を色々工面する方向に動き出します。

追い銭を色々工面しこしらえたとしても、自体が改善するかどうかは相場次第です。なので更に損が増える場合もあります。

そして含み損になれます。

塩漬けにして時間薬で中和したいと思っても、そもそも日経平均なんてものは存在しませんから。指標ですし。「買ったことをなかったコトにする(売る)」反対売買は必ず必要なのです。

自らの手で実行しなくても期日(SQ)がくれば強制決済されます。

 

損失回避のためにさらなる損失を出す。

アホの見本のようですが、必ず1度は取り憑かれます。

そしてそれが皆が通る道として「授業料」と言われています。

 

よっぽど競馬・パチンコの方がマシじゃないの、これのどこが副業候補なんじゃい!

それについては続きます。

 

投資・投機
riha_hanをフォローする
ハッカとミント

コメント

タイトルとURLをコピーしました