時給脳から脱却しないと副収入の構築化が難しい

我々は学生時代のバイトから始まり、サラリーマンの残業まで基本的に時給制で働く場面が殆どなわけですが、2足目のわらじを手に入れる為には時給脳と決別する必要があります。

生活残業に慣れていると仕事が間延びします。社内資料に数字の半角・全角を後から揃える。罫線の実線・点線の種類に拘ると言った一円も生み出さない作業で時給2000円貰える事は異常だと思わなくてはなりません。

元来、始めた当初から時間をかけただけ収益が上がるビジネスなどありません。トライ&エラーを繰り返し、花も目も芽も出ない期間も耐え忍ばねばなりません。

時間をかけた経験はお金と等価、それ以上のものと考え次に生かす為に記録をつけていく、どこかでブレイクするまでは地道な事を続けていくしかないのです。

(本日、9時から11時まで相場に入り一円も生み出さず。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました