Book review

Book review

アルベール・カミュの「ペスト」を読みましたので、紹介と思ったこと。

「何もせずじっとしているのが一番」というときは小説読むのに適してます。 先日、アルベール・カミュの「ペスト」を読了しましたのでご紹介します。 目下のコロナ禍含め天災に遭遇した時、個人はどうあるべきなのかの示唆に富んでいるのでぜひ一読ならず熟...
Book review

本多静六「私の財産告白」を2分の1読んで個人的に学びとなった事

正月の帰省先で、図書館で借りた本多静六の「私の財産告白」を読んでいます。 平易な文体なので1日で読めそうなものですが色々あって読み進めてません。給与の4分の1を強制貯金しその種銭を持って株式や山林投資で財を成した方です。 アル...
Book review

誰向けの本なんだ?「得するお金のスゴ技大全」

新しいハックがあるかとおもい買ってみました。 が、買わなくてもよかったかなと思いました。 一体、誰向けなんだろう? 「得する買い物術」 「届出だけでもらえるお金」 「固定費の節約」 「食費の見直し」 「超簡単投資」との中項目が...
Book review

追悼 吾妻ひでお「失踪日記」のいちファンとしてご冥福をお祈り致します。

昨日、漫画家の吾妻ひでおが10月13日に亡くなったというニュースが流れた。 享年69歳。 世間的には若い方だか「失踪日記」を読んだ者としては良くぞここまで、お疲れ様でしたと申し上げたい。 取り立ててファンではない。この方の本職はSF系の...
Book review

幽遊白書の読み直しについてグダグダ言ってる話。

幽遊白書を買い直さずなんとか読み直し出来ないだろうかずっと考えていた。 大人買いはやろうと思えばできるのだが、なんとか消費をしないでどうにかなる工夫がしてみたかった。 色々ツラかった小学生時代、毎週月曜日の週刊少年ジャンプを楽しみにな...
Book review

中途半端に極端な生活をしている本を読んでみよう

今後の収入不安、年金2,000年問題などから「食べれる雑草食って生きてくか」と言った中途半端に極端な発想をした事はないだろうか。 私は「鳥がつぶせれば食うには困らないだろうな」とはよく思う。 そんな時は中途半端に極端な生活をし...
Book review

「きのう何食べた」で親子の距離のとり方を学ぶ

西島秀俊主演でドラマ化された「きのう何食べた」の原作は10年以上前から週刊モーニングで連載されてます。 テレビを見る習慣が無いため、ドラマは見てませんが、マンガの方は10年以上読み続けてます。 お料理のレシピマンガですが、人付き合い・親子...
タイトルとURLをコピーしました