Origami Payの半額キャンペーンで、松乃家のローつかつ買ってきてカツ丼作った。

半額キャンペーンの一環ですが、今回の場合は、正確には半額相当になるものもあるキャンペーンです。

家族2.5人分(旦那・私・3才児)として、ローつかつ330円・ヒレカツ235円1枚ずつ購入。娘の食いはそこまで良くないだろうと&玉ネギと卵で水増しを企んでました。

が、その後、やっぱり量が少ないなと思い、再度店に出向いてローつかつ1枚を330円をプラスで購入。

今回のキャンペーンは、1会計あたりに適用なので、190円×2=380円お得になりました。ローつかつ140円ですからこれは安いです。ヒレカツは余計でした。

Origami Pay の使いやすさについて

ローソンのシュークリームただクーポンと今回のお惣菜購入はじめてです。
どうも、提携店舗と自分の使うお店があまり合わないのです。 倹約に目覚めると、マッサージ・雑貨店・美容院の類はもとより、1人外食もしなくなり・コンビニにも近づかなくあります。コンビニはやはり高いです。牛乳1パックがスーパーと30円違います。1日1パック消費する我が家、30円×30日=月900円 年10,800円これだけで違います。まいばすけっとと提携してくれるとありがたいですね。

キャッシュレスアプリとクレジットカードのコンボキ

私は楽天カード→KYASHリアルカード→Origami Pay でやってます。

なぜならば、

楽天カード(1%還元)

→KYASHリアルカード(2%還元)

→Origami (店舗独自のキャンペーンとか)

楽天カード+KYASHリアルカードまでは生活費決済にすると、常時3%分お得です。我が家の日用品&耐久消費財で月額10万は発生するので、10万×3%×12ヶ月=年間36,000円です。

倹約について思うこと倹

基本戦略は以下の4つかと思います。

1,記録する(状況把握)

2,決済の仕組み・必要な供給契約を見直す

3,生活習慣を改める。

4,無料・割安なサービスを探す・利用する。←Origamiはコレ。

その中でも上記4は、「安物がいの銭失い」という諺が示すとおり。目的と方法が逆転してしまうのも多いのが事実。上手につかってください。

ヒレカツ余計でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました