「架電」「為念」「建付け」ってビジネス用語ですか?

これを書いている管理人の生息界隈は不動産周辺という前提でお話しします。

架電

「架電の件」という言葉はメール文章内でしか見たことないです。

初めて見たのは10年以上前に勤めてた不動産屋で同業者からのメールです。

ググってみたら「電話をかける」事らしいですが、「カデンします」と言ってる人にも遭った事はありません。

当時は辞書にも載っておらず、たった今ググってみたところ「元々は法律業界用語、今はコールセンターでも使われる」そうです。

そういう場合のメールは「お電話の件」でいいのではと思います。

為念

初めてみたのは3年前くらい、客先のデベロッパーさんからのメールです。意味は分かりますが、「ためねん」とよんでました。

今ググってみたら、為念と書いてもそのまま「ねんのため」と読むそうです。

建付け

これも客先のデベロッパーさんが会話で多用してました。

ググってみたら「ビジネス用語でビジネスの構成や仕組み」なんだそうです。

現在の生息は建物管理会社です。本来的な意味である「建具の収まり具合」とマジ混同されそうなので使いません。修理しますよ。ドアの建付け。

「建前」でよくないですか?

まとめで御座候

一部の業界用語や漢文や建築用語が「ビジネス用語」として汎用性を得つつあるような無いようなという例を3つ見てみましたが、

聞き慣れない言葉に対してのスタンスは、意味はわかっても使わない、です。

相手方に意味が取れるかどうか分からない言葉を使うメリットが、ビジネスにおいて全くないからです。

あと、自分の事を「小職」というビジネス用語もありますね。時代がかりな言葉が選ばれるのでしょうか。ならば「御座候」なんか、おススメです。

御座候。

文の結びに使いますが、これといった意味がないので実害ないです。

C級さらりーまん
riha_hanをフォローする
ハッカとミント

コメント

タイトルとURLをコピーしました